DPAGE

DPAGE : 受験とDIYを中心にブログを書いていきます。

【必見!】絶対に失敗しない軟式テニスラケットの選び方!自分に合った最高のラケットを選ぼう。

絶対に失敗しないラケットの選び方!

 

どうも!軟式テニス歴10年のアマチュアテニスプレイヤーです!

テニスラケットって結構高いですよね(*_*;

僕自身テニスをやっていて何度もラケットを買う機会があったのですが、やはり高額な商品であるがゆえに、めちゃくちゃ迷いながら買い物をしていた記憶があります。。。

僕みたいな人は少なくないはず、、、

f:id:para-digm-shift:20170219014038j:plain

 

 

ということで!今回は10年間テニスをしてきた僕自身なりの失敗しないラケット選びのコツをお教えしようと思います!!

ではいってみよう!

f:id:para-digm-shift:20170219014006j:plain

ラケット選びのPOINT1:ラケットの機能性をカタログでチェックする

 

まず大事なのはラケットの機能性です!

といっても初心者の方は各ラケットでどのように機能が違うのかって全くわかりませんよね。。。

 

 

でも大丈夫です!ラケットで見る機能性はたった2つです。

この二つを見るだけで大体のラケットの使いやすさや、自分に合ったものかどうかはわかります。

 

 

逆にこれを知らなければ全然自分に合わないラケットを選んでしまうことになりかねません。なのでこの二つの項目は絶対にチェックしておきましょう!

f:id:para-digm-shift:20160923174711j:plain

その二つとは、、

 

①ラケットの「かたさ」

②スイートスポットの位置と大きさ

です!順に説明しますね!

 

f:id:para-digm-shift:20170219020213j:plain

①ラケットの「かたさ」

 

①のラケットの「かたさ」は言い換えればラケットの「しなり具合」といえます。なぜ「しなり具合」が重要なのか。それはボールの飛び方に影響してくるからです。初心者の方がテニスを始めた際にまず直面する問題の一つに「球が飛ばない」という問題があります。

 

その問題を解決するのがラケットの「しなり具合」ということなのです。

ラケットは柔らかければ柔らかいほどしなり、球も飛びます。つまり初心者の方でパワーに自信がない方、特に中学生や女性の方はなるべく柔らくて、しなるラケットを選んだ方がいいということです。

 

 

逆に男性で力のある方、特にテニスも経験したことがあり、球に自分のパワーを伝達させる技術を持っている方なら、ラケットはなるべく硬いものを選んだ方が良いです。なぜなら、もしこのような方が柔らかいラケットを買ってしまえば、自分の思っている以上に球が飛び、バックアウトすることが多くなるからです。

 

f:id:para-digm-shift:20170219020353j:plain

 

つまり、初心者の方はとりあえず柔らかいラケットを買い、うまくなってきたら、硬めのラケットに買い替えるというのが、無難なテニスライフといえるでしょう。

 

 

ラケットの硬さYONEXであれば、ラケット名の数字で判断することができます。

例えば「ネクステージ50S」と「ネクステージ70S」では後者の方が硬いラケットで、上級者向けということです。ちなみに数字の後ろについてある「S」は「stroke(ストローク)」の頭文字のSで後衛用。もう一つの「V」は「Volley(ボレー)」の頭文字のVで前衛用です。

 

スイートスポットの位置と大きさ

スイートスポットの位置と大きさがなぜ重要なのか。

それはスイートスポットに当たるか当たらないかで球の威力は大きく変わってくるからです。

もちろんスイートスポットに当たれば当たるほど良い球が飛びます。

 

 

上級者用ラケットであるほど、このスイートスポットが小さくなります。

なので、初心者の方はスイートスポットが広いものを選びましょう!

 

 

それともう一つ「位置」なのですがこ、これが結構重要なのです。

これは初心者の方ではなく、上級者にも言えることなのですが、

ラケットは面の形状によってスイートスポットの位置や形が異なり、

打った時の感覚は大きく変わってしまうのです。

 

 

特に、以前までヨネックスを使っていて、新しいラケットはミズノを

買おうとしている方は要注意です。

ヨネックスとミズノのラケットで大きく違う部分は面の形状です。

f:id:para-digm-shift:20170219014006j:plain

 

f:id:para-digm-shift:20170219021015j:plain

上がヨネックス、下がミズノです。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、ヨネックスは全体的に長方形っぽい形をしていて、ミズノは水滴を逆さまにしたような形をしています。

f:id:para-digm-shift:20170219021225p:plain

 

これによって、スイートスポットの大きさも形も位置も何もかも変わってきます。

ヨネックスの方は面のど真ん中にあるのに対して、ミズノは真ん中よりも少し上にあるのです。

 

 

これによって普段ヨネックスを使っている人がいきなりミズノのラケットを使い、いつもの感覚で打ってしまうと、中々スイートスポットに当たらずに、「このラケット使いにくいな」などの感情を抱いてしまうことになるのです。

 

 

なので、初めてラケットを買う方は基本的に一生そのメーカーを使うことになると思って買った方が良いです。

ちなみに僕はヨネックスのラケットしか使ったことがありません。

 

ラケット選びのPOINT2:Feelingで選ぶ

 

POINT1である程度ラケットを絞ることができれば、あとはフィーリングで選べばいいです。正直POINT1をしっかりと把握できていれば失敗することはありません。

後は自分がかっこいいか、かっこよくないかの判断で選べばいいです。

ラケットは常に一緒にいるパートナーのようなものです。

だから格好良さもめちゃくちゃ大事です。

 

 

新垣結衣ハリセンボンのはるな、どちらかと一生一緒に過ごさなければならない状況ならどちらを選びますか?もちろん新垣結衣ですよね?

 

テニスラケットも同じです。ダサいラケットを使ってはフォームもダサく見えたりします。なるべく自分がかっこいいと思うものを選びましょう。

ちなみに僕のおすすめは白か、黒、あるいは落ち着いた色です。

 

 

なぜなら、テニスウェアが派手なことが多いからです。時々ラケットはピンクで、テニスウェアは黄緑みたいな人がいますが、正直めちゃくちゃダサいです。もし仮に派手な色のラケットを選んでしまっては、それに合う服を選ぶのが大変になってしまいます。

服は交換することができても、ラケットは基本的には毎日同じです。

 

 

また、学校よってはウェアをそろえる場合があります。

もし仮に学校でそろえたウェアと、自分のラケットの色合いがあっていなければ、

毎回公式戦で恥をさらすことになります。なので、ラケットの色合いは十分に注意して下さい。

 

 

最後に、、、

 

 

最後に、ラケットは高価なものであるがゆえに、買うときは中々迷うと思います。

しかし、どのラケットを方としても、おそらく間違いという間違いはありません。

毎日の練習であなたが選んだラケットはきっとあなたの最高のパートナーになってくれるでしょう。

 

 

なので、大切なことは購入をした後にどれだけ愛を持って使うことができるかということです。そこであなたとラケットの相性は大きく変わってきます。

時々ラケットをよく折る人がいますが、それは本当に良くないです。

 

 

軟式テニスのラケットは折れやすいです。また、見た感じ折れていなくても、「中割れ」というラケットの内側でおれることもあります。

なのでなるべく丁寧に扱うよう心掛けてください。

では。