読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DPAGE

DPAGE : 受験とDIYを中心にブログを書いていきます。

部活も受験も全て同じだと感じるって話

んにちは、だいちです。

 

先日、大学の部活動の後輩たちの

年に2回しかないリーグ戦という超重要

な大会があり、僕はその応援をしに、

大阪の北村マリンパークに足を運んでいました。

 

f:id:para-digm-shift:20160927103755j:plain

 

 

一年に二回しかないこの大会ぐらいしか

僕は応援に行くことがないのですが、

行くたびに感じることは、

「部活はやっぱり熱い!」ということです。

 

 

「感動するとはまさにこのことか」、と

感じさせられます。

 

 

リーグ戦の説明を少しすると、

リーグ戦とは、関西圏の学校がすべて

集まり、上から1部リーグ、2部リーグ

、、、6,7部リーグぐらいまで振り分けられます。

 

 

一つのリーグ内は6校で、この6校で

リーグ形式の団体戦を2日間通してやり、

優勝したチームが上のリーグ戦の最下位と

勝負して、勝てば上のリーグに昇格できるというシステムです。

 

 

現在、神大は3部リーグで、昇格すれば2部リーグ

になれるというところでした。

そして、今回、リーグ内で優勝し、上との入れ替え戦

見ることができました。

 

 

ソフトテニスはめちゃくちゃ声を出すスポーツなので、

試合中は選手のマジな声と、チームの声援、応援を肌に

感じながらも、最初から最後まで試合を見届けることが

できました。

 

 

入れ替え戦では、接戦の末に、負けてしまい、結局昇格

することはできなかったのですが、最後まで熱い戦いを

五感すべてで感じ取ることができて、とても充実した

2日間でした。

 

 

 

僕自身は部活は去年引退したので、テニス自体の感覚は

もうほとんどありませんが、テニスを上達していく

上での過程については、今でもはっきり覚えています。

 

 

今考えると、その上達していく過程というのは、

受験で成績を上げていく過程と何ら変わりない

と感じます。

 

f:id:para-digm-shift:20160927110924j:plain

 

部活でうまくなるのも、勉強で成績を上げるのにも、

必ずまずは「目標」というものが存在すると思います。

そして、その目標を達成するために必要な技術、知識

を得る努力をしていきます。

 

 

部活は好きで、勉強は嫌いという人がいますが、

僕自身、その2つはやってる内容は違えど、

成長するためのステップは全く同じだと感じるのです。

 

なぜなら、さっきも言ったように、

「目標設定→達成するために必要なことの明確化

→練習」という流れは部活も勉強も変わらないからです。

 

 

だから、部活を本気でやっている人は、勉強を本気でやれば

必ず成績がアップすると感じますし、そのプロセスを

しっかり意識して、適用していってほしいと感じます。

 

 

部活をしている人は、僕のイメージですが、周りの人に

比べて普段の成績があまり良くない人が多いです。

それは別に頭が悪いといっているわけではなく、

単純に勉強よりも部活に割く時間が多い分、成績が伸びにくい

と思うからです。

 

 

ですが、それも引退して、受験生になれば、みんなと

同じだけ勉強時間をとることができます。

その時に、今まで本気で取り組んできた部活動で

得たものを全く使わずにゼロからスタートするのは

もったいないと僕は感じるわけです。

 

 

部活で得た、「目標を達成する技術」を受験にも適用して、

自分の弱点を明確化し、それを克服していく過程を

受験までの限られた時間内で、タイムメイキングして

周りの受験生よりも効率よく成績を伸ばしていく。

そういったことは僕は可能だと感じています。

 

 

もちろん、部活をやっている人だけでなく、

それ以外の人も勉強の過程というのは同じなので、

目標設定をして、それを達成するためにすべきこと

を明確化し、ひとつずつ効率よくつぶしていってください。

 

 

頑張ってください。

では。

 

【広告】

スタディサプリが無料体験できるそうです。

(本申し込みは月額980円)

「スタディサプリ小学講座・中学講座」は、リクルートが提供する、勉強が難しくなる小学校4年生から、中学生の定期テスト・高校受験対策までカバーする、お子さまの成績アップのためのオンライン学習サービスです。会員数は25万人にまで達しております。お子さま一人ひとりにあった学習方法を、独自のデータ解析により実現していきます。

 

 ↓興味を持った人は以下のリンクから↓

 

 

P.S.0

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

twitter.com

P.S.1

↓トップページです↓

dadadadaichi.hatenadiary.jp


だいち


facebookなどでシェア等していただけたら嬉しいです!

広告を非表示にする