読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DPAGE

DPAGE : 受験とDIYを中心にブログを書いていきます。

実は、一石二鳥の効率的勉強方法。

受験 投資 勉強 日常 非日常
んにちは。だいちです。
 
 
 
いつも読んでいただきありがとうございます。
 
今日はセンターのことについて少し話そうかと思います。
 
 
 
 
僕は本番のセンターのちょうど1年前、
 
高2の時期にプレセンターというものを学校で受けさせられました。
 
それが僕にとって初めてのセンター試験でした。
 
 
 
 
 
結果は全科目平均して5割を切りました。
 
その時はこの結果のヤバさをあまり理解していなかったのですが、
 
今考えるととても恐ろしいことです。
 
 
 
 
 
そこから、勉強方法を模索し続けて、
 
勉強の効率化を常に考えて、
 
なんとか本番では満足のいく結果が出たのですが。
 
 
 
 
 
あなたは今の時点でセンター何割くらい取れますか?
 
 
 
「国公立を受けたい!」と考えている人は、
 
このセンター試験というものが非常に大事になってきます。
 
 
 
 
なぜなら、
 
もしセンターの点数が悪ければ、
 
行きたい大学の2次試験を受けることなく、
 
諦めてしまう可能性があるからです。
 
 
 
 
受かる可能性が残されている状態で、
 
2次試験を受けることなく諦めるのは、
 
後から必ず後悔します。
 
 
 
 
 
「センターの結果やと神大D判定か~。厳しいし志望校変えるか。」
 
「第一志望C判定やけど、
 
受けて落ちるの嫌やから一つ下のランクの大学にしとこかな、、、。
 
そこやと判定Bやし。」
 
 
 
 
 
などなど、
 
本番のセンターを経験していないあなたには
 
まだ想像できないことかもしれませんが、
 
 
 
 
センター試験の結果によっては、
 
今抱いている夢が閉ざされることなんていくらでもあります。
 
 
 
 
 
 
みんながみんな成功するわけではありません。
 
 
 
 
自分のことを言うと、
 
センター試験で満足のいく結果が出た人は僕を含め、
 
進学校にもかかわらず、
 
母校の教室内では40人中3人程度でした。
 
 
 
 
 
現実はシビアです。
 
 
 
 
あなたが想定してないレベルの最悪の事態なんて簡単に起きてしまいます。
 
 
 
 
 
仮に今、あなたが
 
「センターとか12月入ってから勉強すれば余裕やろ」とか
 
「正味、センターより2次の方が難しいんやし、センターは後回しでいいやろ」
 
など考えているなら、今すぐその考えは捨ててください。
 
 
 
 
神戸大学に関していえば、
 
センターで決まると言っても過言ではありません。
 
 
 
 
僕の場合、
 
センターが良かったので、例年通りいけば、
 
2次試験で5割取れれば受かる計算でした。
 
 
 
 
5割で受かると思えば、気持ち的にはかなり楽です。
 
また、
 
確実に取れるとこだけを勉強するという勉強方法で受かることができます。
 
 
 
 
なので、絶対にセンターを軽視しないでください。
 
 
 
「よし!センター試験も視野に入れて勉強するぞ!」という風になってくれたでしょうか?
 
 
 
 
では、センター試験の点数を伸ばすにあたって、
 
最も大切な事項をあなたに伝えておきます。
 
 
 
 
それは、
 
 
 
 
「時間配分と練習量」です。
 
 
 
 
センター試験において「時間配分」は非常に大事になってきます。
 
これはもう周知の事実であり、
 
 
 
学校の先生からもよく言われていると思いますが、
 
念のため言っておきます。
 
 
 
 
 
「知らなかった」というあなたは、
 
「時間配分」を意識して取り組んでみてください。
 
 
 
 
 
そして、
 
 
 
それ以上に大切なのが「練習量」です。
 
 
 
 
それも、
 
「時間配分を意識した練習量」です。
 
何も考えずにただ問題を解くだけではダメです。
 
 
 
 
時間配分を考えて問題をたくさん解けば必ず点数は伸びます。
 
それもグイグイ伸びます。
 
センター試験とは「慣れ」なのです。
 
 
 
 
 
ただし、
 
「よーしゃ!練習しまくるぞー!」と燃えるのは、
 
非常に良いことなのですが、
 
一つ注意点があります。
 
 
 
 
 
それは、
 
解いた問題に対して、隅々まで復習するということです。
 
 
 
もっと言えば、
 
 
 
間違った問題に関係する内容まで深く復習することです。
 
特に、数学や物理化学についてです。
 
これにはたくさんの時間を費やしても構いません。
 
 
 
 
 
センター試験は基本的に広く浅い問題構成です。
 
 
 
 
 
それゆえ、
 
センター試験を2、3回解けば、
 
その分野に関しては一通りの範囲を勉強することができます。
 
 
 
 
 
つまり、センターを解くことで、
 
自分の弱点を知ることができるのです。
 
 
 
 
 
これは、
 
受験生のあなたにとってはかなりの有力な情報です。
 
 
 
 
 
「勉強そろそろ一通りの範囲やったけど、
 
どこができてないか確認のしようがないな~」
 
 
などと思った時には、
 
センター試験を解くことで自分の弱点に気づけるわけです。
 
 
 
 
 
センター試験を解くということは、
 
センター慣れもでき、自分の弱いとこにも気づき、
 
一石二鳥なのです。
 
 
 
 
これは、
 
勉強効率的には最強です。
 
 
 
 
 
さあ、今すぐ
 
「センター重要!時間配分、練習量!」
 
と紙に書いて、壁に貼りましょう!
 
 
 
 
 
紙に書くことで、記憶に残ります。
 
ぜひ、これから実践していってください。
 
 
 
 
 
 
勉強の効率化を図ることで、
 
自分の成長スピードを上げることができ、
 
ライバルに差をつけることができます。
 
 
 
 
「確実に成長してる」と実感できます。
 
 
 
 
 
そして、
 
自分の成長を実感することは、
 
明日からの勉強の活力になります
 
 
 
 
 
自分なりに良いサイクルを作って
 
勉強に取り組んでいってください。
 
 
 
 
 
では。
 
 
P.S.0
 
LINEで気軽に受験の相談などしてください!
 
⇒友達追加はこちらから
 
 
↓上で出来ない方はこちらから↓
 
友だち追加
 
 
P.S.1
 
 
トップページはこちらから
 
 
 
P.S.2
 
 
 
―カテゴリ別説明―
 
「受験」:主に大学受験にかかわる情報。受験生を対象とする情報
 
「勉強」:大学受験にも日常にも使える一般人全員を対象とする情報
 
「投資」:投資情報。FX、株、不動産など。特にFX,株のテクニカル分析の情報が多くなる可能性があります。
 
「日常」:僕自身の日常的なことから気付く話をします。
 
「非日常」:普段は考えることもないような非日常な話をします。
 
 
 
↓シェア等していただけたら嬉しいです!
 
 
 
だいち
広告を非表示にする