読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DPAGE

DPAGE : 受験とDIYを中心にブログを書いていきます。

【速読術】1日20冊の本を読みこなす、メンタリストDaiGoが教える速読のメソッド

んにちは、だいちです。
 
 
 
今日は1日20冊の本を読みこなすという
 
メンタリストのDaigoが提唱する速読
 
の極意をあなたにお伝えしたいと思います。
 
 
 
807426.jpg
 
 
 

本を読んで学びたいことはなにか?

 
 
 
DaiGo 
 
 
本を読んで手に入れたい知識を3つ決めて、
 
無駄読みを防ぐ。これはマインドマップ
 
読書をまとめたり、1つでもいいんですけれ
 
ど、本を読む前にその本を読むことによっ
 
てなにを手に入れたいのかを考えてください。
 
 
 
それを考えて本を読むと、読むべき箇所が
 
10分の1にまで減らせます。速読というのは、
 
基本的には読む場所を絞る作業なので、
 
そういう意味で、目標を決めておくことが
 
すごく大事なんですね。
 
 
 
ある研究によると、人が速読をするとき、目標を
 
決めて読むときに、読むべき場所は7~11%
 
しかないのだそう。驚きですよね。(笑)
 
これから本はだいたい10分の1程度を読むという
 
感覚でいいみたいです。
 
 
 
逆に言えば、その10分の1を見つけるためには、
 
なにが重要なのか。なにを知りたいのかを決めて
 
おかなくてはいけないと言えるでしょう。
 
 
 
10分の1しか読まないとは言っても難しそう
 
ですよね。(笑)かなり訓練がいりそうです
 
が、もし本当に10分の1で、読んだ本の本質
 
や求めていたものが頭の中に入ってくるなら
 
それほど効率のいいことはありません。
 
今までの10倍の速度で賢くなりそうです。(笑)
 
 
 
 
読む前に目次とかを読んで、なにを学びたい
 
かを決めてください。そもそも本を買う
 
ときって、自分の中で、こういうふうに
 
使いたいと思って買いますよね。
 
 
 
例えば僕がこの本を読むんだったら、留学したいと思っているから、実際にハーバードまで行って、しかもハーバードで医師として研究しながらMBAを取った人の勉強法とか時間管理、どれだけ時間があっても足りないので、なにかいい時間管理の方法をしてるんじゃないかって思うわけですよ。
 
 
 
そしたら、
 
「時間管理のテクニックを学ぼう」と
 
思って読むわけですよね。
 
 
7024343.bin_.jpeg
 
 
 
それで、もし読んでから、例えば「いや~、でも、やっぱり集中力も大事だよな。そうだ、あの本、集中力のことも扱ってたな。じゃあ、今度はちょっと集中力を身につけようと思って読んでみよう」てこうやって使うんですよ、本っていうのは。わかります?
 
 
 
つまり、必要になったら、もう1回読めば
 
いいんです。最初から全部読もうとすると
 
頭に入んないんですけど、必要になった
 
ときに何回でも読もうと思っておくと、速読
 
はできるんですよね。本を読む目的を決める
 
だけでも、だいぶ速くなります。
 
 
 
何か言い方が腹立ちますが、馬鹿な僕にも
 
わかるほど正論を言っているので、明日から
 
本を読むときは試してみます。(笑)
 
 
 

著者の性格を推定すると頭に残りやすい

 
 
 
ch2606872.jpg
 
 
 
会話のように読書を楽しむために、
 
著者の性格を推定する。本の裏帯を読むのが
 
すごく大事で、その人がどんな人なのかって
 
ことを想像して読むんですね。
 
 
 
どういう性格なんだろうとか、そういうのを考えて読むようにすると、やっぱり人と会話するように読めるで頭に残りやすい。
 
 
 
 
たしかに、文字を読むのと会話するのとでは、
 
会話する方が圧倒的にスピードが速いですね。
 
「本を会話するように読む」これは、中々僕の
 
中で革命的でした。
 
 
 
このことは小説ならば物語に入るということ
 
なのでしょうか?確かに、小説ならば、物語
 
の中に入りこめれば、自然と早く読めて、
 
「気付いたらめちゃ時間がたっていた」なんてこと
 
はよくありますね。
 
 
 

本は読み方を変えて5回読む

 
 
 
mig.jpg
 
 
 
頭に入れたい本は、読み方を変えて5回読む。
 
本を1回で読破しようと思わないでください。
 
 
 
最初はパーッと、速読しますよね。速読する
 
ときに、だいたいこういうことが書いてあっ
 
たなって、1回目はパーッと見る。2回目見る
 
ときにどうするかというと、自分のなかで
 
刺さった章とか、「ここ読もう」って思った
 
場所を読むわけです。
 
 
 
 
F5689_main-thumb-610xauto-685.jpg
 
 
 
つまり、最初は通読して、集中的に読む。
 
集中的に一部、例えば3章とか2章とかだけ
 
読もうと決めて、2回目読む。3回目もう1回
 
通読して、さらに興味があるところがあった
 
ら、一部読む。
 
 
 
また通読してというふうに、通読するのと、
 
全体をサーッと読むのと集中的に読むのを
 
挟んでやっていくんですね。
 
 
 
そして、自分が満足するまで読めばいいってことです。もう学ぶところはないとか、あるいは、「自分がやろうと思った目的がもう達成できた」と思ったところで、読書をやめればいいんですね。
 
 
 
通読というのは、通しで読むってことです、
 
バーッと。だいたい5回ぐらい読めば頭に
 
入るよって話ですね。
 
 
 
 
なるほど。意外と擬音語が多いですね。(笑)
 
とはいえ結局、徐々に的を絞ってく感覚で
 
読書をしろと、初めから5回読む気持ちで
 
気軽に読めよと。こういうことですかね。
 
 
 
速読は何かコツみたいなものがあるということ
 
はわかりましたね。
 
最後に、僕がネットで調べて見つけた速読できる
 
ようになるまとめを紹介したいと思います。
 
 
 
 

速読まとめ

 
 
 
20091114141357.png
 
 
 
・速読には「ストック」の量や質が大きくかかわってくる
 
 
book-978878_960_720.jpg
 
 
 
私たちが何かを読むときには、これまでに
 
自分が蓄えてきた知識や情報、経験などの
 
「ストック(蓄積)」を使って読んでいます。
 
 
 
そして、読む速さにはこの「ストック」の
 
量や質が大きくかかわってきます。(中略)
 
 
 
 たとえば、もしあなたが速読法を学んで
 
いないにしても、よく知っている内容の
 
文章や本であれば、速く読めるでしょう。
 
 
 
そのことからも、あなたが蓄えてきた知識
 
・情報・経験などの「ストック」の重要性が
 
わかってもらえると思います。
 
 
 
・本は全部読まなくていい
 
 
 
・目次とあとがきを読む
 
 
 
・文字を瞬時に物としてとらえてブロックごとに認識する
 
 
ca705e6658b770d217d1456022f8b53f.jpeg
 
 
普段、文字を見て読むという行為は 
 
文章を読みながら心の中で音読しているから遅い
 
らしい。
 
 
 
『例えば、信号機は赤信号で止まり青信号で
 
発車しますよね?これ、信号機を見ながら
 
信号機が赤になったから止まって、青に
 
なったから出発しようって心の中で音読して
 
アクセルかけますか?
 
 
 
文字を瞬時に物としてとらえてブロックごと
 
に認識していけば読む速度も速くなるとのことです。
 
 
 
・インデックス型読書法
 
 
c1e3b21e-c41a-4871-9ab2-4939af6ace2c.jpg
 
 
1.目次に目を通す。
 
2.まえがき・あとがきを読んで本のテーマを把握する。
 
3.目次の中から今知りたいことや必要なことを選んで読む。
 
4.読みながらツマラナイと思ったことや、すでに知っている事例は容赦なく飛ばす。
 
という4ステップになります。
 
 
 
こんなかんじですかね。
 
もし速読をしたいという方はぜひ試してみてください!(^^)
 
 
 
 
では。
 
 
 
 
 
 
P.S.0
 
LINEで気軽に受験の相談などしてください!
 
⇒友達追加はこちらから
 
 
↓上で出来ない方はこちらから↓
 
友だち追加
 
 
P.S.1
 
 
トップページはこちらから
 
 
 
P.S.2
 
 
 
―カテゴリ別説明―
 
「受験」:主に大学受験にかかわる情報。受験生を対象とする情報
 
「勉強」:大学受験にも日常にも使える一般人全員を対象とする情報
 
「投資」:投資情報。FX、株、不動産など。特にFX,株のテクニカル分析の情報が多くなる可能性があります。
 
「日常」:僕自身の日常的なことから気付く話をします。
 
「非日常」:普段は考えることもないような非日常な話をします。
 
 
 
↓シェア等していただけたら嬉しいです!
 
 
 
だいち
広告を非表示にする